エポラーシェ

エポラーシェ、聞いたことはありますか?最近インターネットやテレビ通販などで目にするようになったエポラーシェは透明感溢れる肌を作ってくれるスキンケアアイテムとして注目を集めています。肌本来の力を生かして透明感溢れる美肌を作るエポラーシェシリーズ、是非試してみてください。
美を追求する岡江美希さんがプロデュースし、自信を持って紹介するエポラーシェ。エポラーシェシリーズは女性の肌を美しくみずみずしく保つスキンケアアイテムです。化学薬品をできるだけ使用しない成分配合となっており、自然派の人にも愛されているスキンケアアイテムです。
エポラーシェの人気アイテムに美容液があります。美容液は2種類あり、1つは肌に透明感を与えるクマコケモモエキスやナガバギシギシエキスが配合されたエポラーシェブラン。もう1つは乾燥から肌を守り潤いとハリを与えてくれる濃縮アロエベラが配合されたエポラーシェリンプルです。

酵素サプリメントの働き

しかし、酵素サプリメントが健康を維持するのにどのような役割を果たすのか、すぐにはピンと来ない人の方が多いのではないでしょうか。薬事法の関係がありますから、サプリメントは具体的な効能を謳うことができず、どうしても説明が不十分になってしまいます。
人間の体内には3000種類もの酵素があると言われています。これらの酵素は食べ物の消化や吸収、代謝など、生命を維持することに深く関わっており、酵素が不足したり酵素のバランスが崩れると、体調が優れない、疲れるなどの症状が現れたり、病気にかかりやすい身体になる危険性が高くなるわけです。また、パパイア、バナナ、パイナップルなどの南国系の果物も酵素の宝庫です。味噌や納豆などの発酵食品も有益な酵素をたくさん含んでいますね。このように考えていくと、しっかり食事を摂っていさえすれば、酵素を補える気がします。

ノロウイルス

食中毒は夏場だけではなく、冬場でも起きています。夏の食中毒の多くは細菌によるものですが、冬の食中毒はウィルスが原因で、食中毒の大半がノロウィルスによって引き起こされています。ノロウィルスは1972年にアメリカの小学校で発生した急性胃腸炎患者便から発見されたものです。1997年5月に、食品衛生法改正で、食中毒病因物質に小型球形ウィルスが追加されました。さらに2003年8月に食品衛生法の病因物質は小型球形ウィルスからノロウィルスに改められました。ウィルス性食中毒のほとんどはノロウィルスが原因で 特に最近では増加傾向にあります。
ノロウイルスが体内に取り込まれてから、24~48時間で発症します。(症状がなくても、便の中からウイルスが検出されることがあります。)ノロウイルスによる症状の始まりは突発的に起こることが多く、 主な症状は下痢、吐き気、おう吐、悪寒、腹痛、発熱(38℃以下)など、風邪に似た症状です。 秋から冬にかけて、生カキを原因食品とした食中毒が多く発生しています。 通常、これら症状が1~3日続いた後、治癒し、後遺症もありません。また感染しても発症しないまま終わる場合や、風邪と同様の症状が現れるのみの場合もあります。ただし、これらの人でもウイルスによる感染はしており、糞便中にはウイルスが排出されています。